有機ゲルマニウムが体内の酵素量を増やして血液を浄化

酸素は、私たち生物が生きていく上でなくてはならない大切なものです。エネルギーを生み出す源であり効率よく摂取し消費することで、本来持っている生理機能をより活性化させます。しかし近年、私たち現代人は酸素不足になりつつあるといわれています。その原因とは・・・。

現代のライフスタイルが招く酸素不足

酸素不足の外的要因 ■■

酸素発生源である樹木の大量伐採、二酸化炭素排出量の増加による大気汚染。 大気中の酸素が減少している一方で、気密性の高い近代建築なども空気の流通を妨げる構造になっていて必然的に酸素不足になる環境の中におかれているのです。

食生活の変化・過食 ■■

私たちは食べた物を体内で燃焼してエネルギーを発生しています。その燃焼を行う際に、必要不可欠な存在が酸素なのです。

運動不足 ■■

交通手段の発達によって便利な世の中になりました。歩く機会も減少し生活上の肉体的負担が軽くなっている私たちにとって、運動不足はとても気になる問題です。高カロリー食品や脂肪の摂り過ぎで、必要以上のカロリーを体内に蓄えていると、カロリーオーバーで体に余分な脂肪がたまります。その脂肪を燃焼させるにも大量の酸素を必要とします。

大気汚染・不規則な食生活・運動不足・タバコだけでなく、飲酒・過度なストレスでも体内で大量の酸素を必要とします。その結果、体内の酸素量が不足して免疫力が低下し、代謝のリズムに乱れが生じます。すると血液に老廃物や疲労物質がたまり体は酸性に傾きます。健康な体を維持するために、個々の細胞すみずみにたっぷりの酸素を供給する事が大切です。